法人向けパソコンの個人使用

見た目よりも壊れにくさを重視した丈夫なパソコンを入手できる

法人向けパソコンは一般個人が購入して家庭で利用することももちろん可能です。では、個人が法人向けパソコンを利用するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。 まず、丈夫なつくりになっているので少々の衝撃で壊れることは少ないことが挙げられます。家庭用のノートパソコンの場合、本体の軽さや薄さが消費者へのアピールポイントになっていることが多いですが、法人向けパソコンは見た目の良さよりも壊れにくさを追求した設計になっているからです。 セキュリティ機能がしっかりしているのもメリットの一つでしょう。指紋認証システムなどが搭載されていて、第三者が勝手に操作できないようになっているので、ノートパソコンを持ってカフェなどで仕事をしたいという人には安心です。

BTOで好みのパーツを組み合わせて発注できる

余計なソフトが入っていないので、カスタマイズしやすいというメリットもあります。家庭用のパソコンはプリインストールされているアプリケーションソフトが多く、そういったものをひとつひとつ削除していかないとデスクトップ画面などを自分の思い通りにカスタマイズすることができませんが、法人向けパソコンの構成はシンプルで余計なソフトを削除していくという手間がかかりません。
BTOで選べるのもメリットです。複数のパーツの中からユーザーがいいと思うものを選ぶと、メーカーの方でそれらのパーツを元にパソコンを組んでくれるというシステムで、ユーザーの好みを反映できます。また、用途に影響を与えるパーツだけ高い性能のものを選び、ほかは標準のものにして、価格を抑えるといったことも可能です。