法人向けパソコンの仕様

一般的なパソコンと法人向けパソコンのスペックの違い

一般的な家庭向けのパソコンの場合には、最新のOSが搭載されていて、スペックもある程度決まっていることが多いです。OSについても最新のバージョンが搭載されているのでセキュリティや機能などは最新のものが使えますが、互換性の問題からビジネスで使うオフィスソフトなどが動作しないものも存在します。スペックについてもCPUやメモリやストレージなどがある程度決まっていて、構成はカスタマイズできないので拡張性が低く自由度もありません。
しかし法人向けパソコンの場合には少し前の古いバージョンのOSを搭載していて、スペックについても自由にカスタマイズすることが可能となっています。ビジネスで使用するソフトウェアの互換性を考慮しているため、最新のバージョンではなく古いバージョンのOSが搭載されています。スペックについてもCPUやメモリなどの基本性能や、ストレージの容量などの細かい部分までカスタマイズ可能です。

法人向けパソコンはオフィスソフトが快適に動作する

細かい仕様についてはメーカーや型番によって異なりますが、CPUはミドルスペック程度のものを搭載していて、メモリについても4GBから8GB程度を搭載している場合が多いです。CPUはマルチコア性能がある程度確保されていて処理速度が速いので、ソフトウェアやブラウザの起動も早くストレスを感じにくいです。メモリについても最近では8GBを搭載しているモデルが多く、オフィスソフトの他にブラウザなどを同時に開いても問題ない程の性能があります。
また法人向けパソコンの場合には事前にオフィスソフトなどの、ビジネスで使用されることが多いソフトの動作確認を行っていることが多いです。事前に動作確認を行っていて問題なく動作することが確認されているので、ストレスなく使用できて互換性の心配もありません。