法人向けパソコンのメリット

構成がシンプルで使いやすい

法人向けパソコンの一番の特徴は、構成がシンプルだということです。ビジネスで使用することを前提としているため、業務に必要ない要素は、ソフトウェア、ハードウェアともに最初から搭載されていません。ソフトウェア面で言うと、最初はOSとセキュリティ関連のソフトのみのような状態で、必要に応じて業務で使用するアプリケーションを追加するという形になります。余計なアプリケーションが動作していないため、コンピュータの動作が軽くなるというメリットがあります。ハードウェアの面でも、業務に必要のないパーツが無いのはもちろん、使われているパーツも長期間使用されることを想定して作られたものになっており、個人向けのものより壊れにくくなっています。

セキュリティ対策とサポートの充実

法人向けパソコンは、セキュリティ対策とサポートが充実しているのも大きな特徴です。ビジネスで使用するパソコンは、重要なデータを扱うことも多くなります。そのため、個人向けパソコンよりセキュリティ対策が強化されていて、指紋認証機能などが付いているものがありますので、必要に応じて選ぶとよいでしょう。サポートも個人向けパソコンよりも充実しています。個人向けは、パソコンを送って修理してもらうのが普通ですが、法人向けは出張修理してもらうのが基本です。詳細は契約の内容によって異なるので、契約時にきちんとサポート内容を確認しましょう。また、法人向けパソコンは、仮に壊れてしまっても、必要なパーツが入手・交換しやすくなっているので、メンテナンスしながら長く使い続けることが可能です。