パソコンを購入しようと思ったとき、多くの場合、ウェブサイトなどで検索をします。このとき、普段私たちが使っている「個人向けパソコン」の他に「法人向けパソコン」というものがあることにお気づきですか。今回は、法人向けパソコンとは、どんなパソコンなのかをご紹介いたします。

法人向けパソコンについて

そもそも法人とは、自然人以外で、法律上、人として認められ、法律行為を行うことができ、権利・義務の主体となりえるものです。つまり、法人向けパソコンは、会社や企業向けのパソコンといえます。法人向けパソコンとは何なのか、その仕様とメリット、デメリットを紹介します。

法人向けパソコンの仕様

法人向けパソコンのメリット

法人向けパソコンの使用について

法人向けパソコンは、一般の家電量販店に展示していることは、あまりありません。法人向けパソコンはどのようにして購入するのか、処分方法は個人向けパソコンとは異なるのか、法人向けパソコンを個人が購入することができるのかをご説明いたします。

法人向けパソコンの入手方法

会社で利用するための法人向けパソコンはどのようにして入手すればいいのでしょうか。まず購入する場合ですが、メーカーの直販サイトで注文するという方法が挙げられます。法人向けパソコンは基本的に、家庭用パ…

法人向けパソコンの取扱方法

会社の業務に必須のアイテムとしましてパソコンが存在します。様々な会社で一人一台スタイルになっているでしょう。会社により、部署によってワークスタイルが異なる部分もあります。そうした場合にひとりひとり…

法人向けパソコンの個人使用

法人向けパソコンは一般個人が購入して家庭で利用することももちろん可能です。では、個人が法人向けパソコンを利用するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず、丈夫なつくりにな…

法人向けパソコンのデメリット

法人向けパソコンとリサイクル料金

法人向けパソコンは、上手く活用すると大きなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。購入する際には、デメリットもきちんと把握した上でメリットと比較して検討し、購入を決定しましょう。 法人向けと個人向けのパソコンの違いとして挙げられる点はいくつかありますが、その一つがリサイクル料金になります。個人向けパソコンには、あらかじめリサイクル料金が上乗せされて販売されているのに対し、法人向けパソコンにはそれがありません。つまりパソコンの処分時に、新たにリサイクル料金が必要となってしまいます。これは人によってはデメリットとして気になる点となるでしょう。ちなみに、処分の依頼方法は複数ありますが、メーカーに依頼した場合は数千円はかかるというのが相場です。

堅牢な作りと低拡張性のデメリット

法人向けパソコンは長時間にわたる使用を想定しているため、個人向けパソコンよりも耐久性が高く作られています。各パーツが高品質であったり、作りが堅牢です。堅牢さを裏返すと厚さと重みがあるということなので、持ち運びという点で不利になります。この点も用途によってはデメリットになるので気をつけましょう。 また、一般に法人向けは拡張性が低いということも言えます。これは、会社に置くパソコンなので、省スペースであることが求められ、スリム型のシンプルなパソコンであることが多いからです。 最後に加えると、ビジネス用途なのでデザインもシンプルで地味なものが多く、梱包や説明書も簡素なものとなっています。これらを気にしないという人や、むしろ簡素な方がいいという人には、法人向けパソコンは特に魅力的なものになるでしょう。

BTOは様々な業界で用いられています

BTOは様々な業界で用いられているビジネスモデルです。パソコンをはじめ、自動車やオートバイ、更には住宅業界なども取り入れています。